NASDAQ 仮想通貨の価格情報提供サービス開始

NASDAQが仮想通貨投資家向けに価格情報のサービスを行うことを発表して話題になっています。

これは、仮想通貨データプロバイダーのCryptoCompareと提携し機関投資家向けに仮想通貨の価格情報を提供するサービスを開始するもので、取引所によって大きなばらつきが解消しない仮想通貨の価格の標準化に大きく寄与するものとして期待される動きとなりそうです。

仮想通貨はビットコインであってもそもそもの流動性は主要な法定通貨などと大きくことなり非常に限定的なものになっているのが現状で、さらにそれぞれの仮想通貨取引所自体の流動性に依存していることから、価格のばらつきが非常に大きいのがいい意味でも悪い意味でも特徴となっています。

しかしその幅があまりにも大きいとアービトラージのようなろくでもない鞘取りの売買が横行する原因となってしまい、決して相場全体にプラスになるとはいえない状況です。

法定通貨の場合もインターバンクごとに価格は多少異なるものになりますが、ネットワークでつながれていることから国内の店頭FX業者で取引しても海外の業者で取引しても大きく価格が変わらないという信頼性が確立している点が仮想通貨とかなり異なる部分となっています。

今後仮想通貨がさらにその取引規模を拡大していくためには、やはりリアルタイムの価格の標準化がどうしても必要でNASDAQの今回のような決定は非常に市場の+に働くものとなりそうです。

Crypto Compareはこれと並行して、仮想通貨デリバティブプラットフォーム大手のBitMEXとの提携を発表し、リアルタイムの仮想通貨先物取引をデータベースを立ち上げることも発表しており、リアルタイムの価格情報はさらに統合化されることが現実のものになろうとしています。

NASDAQはすでに2019年中にビットコイン先物の取り扱いを開始する予定であることから、ますます価格の標準化に寄与する存在になりそうで、ほかの仮想通貨も同様な動きになってくれると価格妥当性と流動性の拡大が実現しそうです。

仮想通貨ですから本来は既存のレガシーな資本の取引所との接点がそれほど必要ではないとも思われていたわけですが、投資資金というものは仮想通貨だけが独立しているものではなく、ほかの資本市場から流入してくることも大きくなりますので、NASDAQのような動きは非常に役に立つものになりそうで、将来的なETFの上場を後押しするものにもなりそうです。