スワップポイントで生活するにはどれくらいの資金が必要か?

カードローンでお金を借りてスワップ狙いの投資をしていると言ったら驚かれてしまいます。カードローンの金利の高さを考えれば、普通は無理だと思えます。

一応スワップポイントは、カードローンの金利より稼げるのかと言えば稼げます。スワップポイントは、高金利通貨なら年100%ぐらい行きますから、カードローンの金利の18%ぐらい余裕です。

ただ年100%ならスワップポイントでポイントで生活するのは余裕でできそうですが、FX特有の事情もあってある程度資金を用意する必要があります。どれくらい必要かはこれから説明していきます。

まずFX特有の事情を知る必要がある

どれくらい必要かは書くのは簡単ですが、まず何故その数字になるかの理由を先にわかりやすく説明します。FXは証拠金取引ですから、スワップポイントの利回りは預けた証拠金での利回り計算になります。

SBIFXは南アフリカランドだと1万通貨当たり1日14円のスワップポイントがもらえます。ランドの1万通貨の証拠金は3156円で、1年間スワップを受け取ると14円×365で5110円と約162%の利回りになります。

ただこの証拠金は必要証拠金で、ランドが買値から1銭下がるだけで追証になります。ゆえに追証を避けるために、必要証拠金よりもある程度資金を上積みする必要があります。

仮に証拠金を4倍の12624円なら利回り約40%と1千万円あれば余裕でスワップで生活ができます。2倍なら500万円で生活できると思えますが、ランドが10銭下がると1万通貨当たり千円分証拠金が不足になりますので、2倍だとランドが32銭下がるだけで追証になります。

32銭ぐらい普通に下げますから、2倍ぐらいでは安心できないということです。

スワップポイントは上下するから下げた時のことも考える必要がある

高金利通貨は下げやすいので、スワップポイントで生活を考えるなら、追証を避けるためにできるだけ多くの資金を用意すべきです。

仮にランドで8倍の証拠金を用意して、年約20%の利回りでスワップポイントを受け取ることにしたとします。

このときもう一つ問題があって、スワップポイントは通貨価値で受け取れる金額やその時の通貨間の金利差で金額が変動するので、約20%貰えていたのが10%しかもらえなくなったりします。

その場合、スワップポイントが20%分必要な時は買い増しする必要があって、資金が倍額必要になります。

通貨価値の下げや利下げでスワップポイントが減ることを考えて、十分なスワップポイントを受け取れるだけ高金利通貨を保有したとしても、増額用に別に資金を用意する必要があります。

スワップポイントは、利回り的にはかなり高いから数百万円で生活できると紹介されている場合がありますが、長く生活している間に通貨価値の変動や金利の変動があるので、実際は数千万円必要だと思っていいでしょう。

後当然のことですがスワップポイントは課税対象ですから、税金を引かれた額で生活できるように受取額を考えて、スワップポイント狙いの投資をするようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です